とらきす の ぐだログ

とらきす の ぐだログ

ぐだぐだとなんかするブログ。フォントなり、DTMなり、とりあえずぐだります。

東方Projectの代替音源を列挙してみる

(2017/01/16 LM-4 MKⅡの項目にLM-7に関する情報を追記、その他もろもろ)
(2017/01/13 絶賛追記中
なんか進むにつれて雑になっていくんだけど」とか言わないこと。もし言ったら、MSGSしか使えなくなってしまう呪いをかけますよ。
…冗談は置いておいて、正直 書いてて気分が滅入ってきました。この辺の音源(TG 3以降の辺り)って、代替がほぼない上に廃盤ばかりなんですよね…世知辛い世の中です)

記事が長くなりすぎたため、分割。

書きかけですので、随時追記予定です。

思いついたものを挙げていきます。大抵どんな音源にもマイナーチェンジ版とかがある訳ですが、そんなものを挙げても入手のしづらさは変わりませんので、なるべく「現在において入手しやすいもの」を中心に紹介する予定。
もちろん、これらの音源に頼らずとも、素晴らしい耳コピや東方風を作っておられる先人方もたくさんおりますので、あくまで参考のひとつとして捉えていただけると幸いです。

作品別音源リストはこちらを、各音源の解説はこちらを参照してください。


SDシリーズの違い

  • SD-80(EDIROL/Roland)
  • SD-20(EDIROL/Roland)
    • SD-90からオーディオインターフェース機能とマルチエフェクト機能を削除した下位互換機。
      最上位機種であるSD-90には、ClassicalContemporarySoloEnhancedSpecial 1Special 2といった、計6つの音色マップが用意されていますが、このうちEnhancedマップSpecial 1マップSpecial 2マップはマルチエフェクトを用いるので、SD-20には収録されていません。
      しかし、神主はSoloマップの音色を使うことが多いので、曲によってはほぼ再現できると言っても過言ではないですね。
  • SD-50(Roland)
    • わりと最近に発売された音源モジュールで、他のSDシリーズと全く互換性がありません。どちらかといえば、Sonic Cellの廉価版という感じです。当然、ZUN音色は一切収録されていません。
      こういった事情もありますので、今後この記事で取り扱う「SDシリーズ」には、この機種は含めないこととします。

SD-90 (EDIROL/Roland) の代替音源

  • SD-80(EDIROL/Roland)
    • 上記の通り、内蔵音源部は同じなので、完全再現が可能です。
  • SD-20(EDIROL/Roland)
    • ClassicalマップContemporaryマップSoloマップが収録されています。それ以外についても、音色エディット等で雰囲気は似せられますね。
  • Orchestral(EDIROL/Roland)
    • オーケストラ系の楽器のみを収録したソフトシンセで、音色の雰囲気がSoloマップに似ている…ような気がします。個人的に。
  • Hyper Canvas(EDIROL/Roland)
    TTS-1(Cakewalk/Roland)
    • Classicalマップのみを収録したソフトシンセです。頑張れば、似た雰囲気の音が作れるかもしれないですよ。両者とも内容は同じで、TTS-1はSONAR(Cakewalk/TASCAM)にバンドルされています。

Super Quartet (EDIROL/Roland) の代替音源

  • SDシリーズ(EDIROL/Roland)
    • 同じブランドの製品だからか、やはり雰囲気が似ています。音色エディットで、どうにかなるなる!特にベースなんかは、多少音は違えど同名のプリセット(Jazz BassやRock Bassなど)が含まれているので、かなり似せられるのではないかと。

HALionシリーズ (Steinberg) の代替音源

  • MOTIFシリーズ(YAMAHA)
    • ヤマハ製のシンセサイザー、音源モジュール。近頃のHALionは、このMOTIFに収録されている音色が一部使われているようです。事実、MOTIF XFシリーズにはMellow Grand Pianoが収録されています。
      それ以外についても、音の傾向は似ているのではないでしょうか(所持していないので不安なのです)。

The Grand 3 (Steinberg) の代替音源

コレ!…というものはありませんが、わりとメジャーなピアノをサンプリングしているようですので、他のピアノ音源でも代用が効くのではないかと思います。
例えば、Addictive Keys(XLN Audio)なんかではStainway Model DやYAMAHA CP-80の音が収録されており、そういう音源なら、エディット次第では、かなり似せることも可能なはず。


Monologue・Prologue (Steinberg) の代替音源

それこそコレ!というものはありませんね。なんせアナログシンセサイザーですし…私もそちらの方はあまり明るくないのです。
…もしかしたら、案外Synth1なんかで再現できてしまうのかも知れませんよ(丸投げ)。


Retrologueシリーズ (Steinberg) の代替音源

うーん…これもアナログシンセですからねぇ。傾向としては、それこそSynth1が適しているのではないかと思いますね。 しかし、Retrologue 2の方にはアルペジエータが搭載されているので、そちらの方は何とも…
…他の音源に比べると値段も安いし、USBドングルも不要ですので、思い切って購入してしまうのも手ではないでしょうか。


Virtual Guitaristシリーズ (Steinberg, Wizoo) の代替音源

  • Virtual Guitarist IRON/AMBER(UJAM)
    • 事実上 Virtual Guitaristシリーズの後継製品。VGシリーズの開発者の一人であり、Wizooの創業者でもある方の支援のもと、開発されたそうです。
      VG IRONはエレキで、VG AMBERはアコギです。他にも、ややラフで特徴的なVG SPARKLEなんてのもありますが、音の傾向が少し違うと思います。
      かなり仕様が変わっていますが、他にリズムギター音源がほとんどないというのも事実で、思いつくものと言えば、RG(Rob Papen)くらいでしょうか。
      あまり検証はしていませんが、元祖VGのUltraⅠなんかは似せやすいでしょうね。

LM-4 MKⅡ (Steinberg, Wizoo) の代替音源

これまた難題です。LM-4系統の製品はすべて廃盤となっており、これがまた特徴的な音が多いのですよ。LM-4 MKⅡが、というよりは、Processed Studio Kitsが、といった感じですけど。
強いて言うならば、Cubase SXシリーズにバンドルされているLM-7(Steinberg, Wizoo)を狙うのも手ですね。Mod KitやCompresser Kitが収録されているようです。VST Classics Vol.3みたいな感じで公開されると良いんですけどね
…Loop Kitとかは難しいと思いますが、Gator Kitなら、SDシリーズ等でけっこう似せられますよ。


Groove Agentシリーズ (Steinberg) の代替音源

Groove Agent 4は現役なのでともかくとして、問題はGA3ですね。代替としてはGA2という手もありますが、いずれも廃盤ですし…
強いて言うならば、シンセ系のプリセットは、何らかのドラムマシンをサンプリングしたもののようですので、その辺りを調べてみると、なにか発見があるのかもしれません。Mini Worksとかは流石に厳しいカモ…


Real Guitarシリーズ (MusicLab) の代替音源

これは絶賛発売中の音源ですので、入手自体は難しくありません。ただ、関係ありませんが、心なしか耳コピが難しい気がします(「アガルタの風」の耳コピをしようとして、最初の8小節を打ち込み終えた時点ではや数時間…結局、その後 体調が悪くなってきて断念したという、世にも恐ろしい話があるのですよ。…はい、私です)。
これも、なかなか特徴的な音が多いですね。特に、Acoustic Steel Stereo(290MB)っていうプリセットとか。
色々なアコギが収録されている上、コード関連の機能も充実していて、コスパに優れているので、通常の用途でも活躍するのではないかと思います。