とらきす の ぐだログ

とらきす の ぐだログ

ぐだぐだとなんかするブログ。フォントなり、DTMなり、とりあえずぐだります。

Lobotomy Corporationが面白いって話

最近、Lobotomy Corporationというゲームにややハマっております。

知る人ぞ知る「SCP(のようなもの)」を管理してエネルギーを収集するのが目的の、ローグライク?っぽいゲームです。

SCPについての説明は…あまりしない方が良いですかね。人によって大きく好みが分かれるジャンルですので。

このLobotomy Corporationという会社では、アブノーマリティと呼ばれる正体不明の怪異達を相手にしていくこととなります。
そやつらのご機嫌をとっているとエネルギーが得られるそうで、それを一定量集めればその日はクリア。
翌日にはアブノーマリティが追加され、またお世話して…の繰り返しです。

プレイヤーはこの会社の管理者となり、職員に指示を送って栄養、清掃、交信、娯楽、暴力の5つのアクションをアブノーマリティに行っていくこととなるのですが、最初はアブノーマリティの名前すらも判らない状態。
とりあえずなんでも良いからアクションを実行してみて、運が良ければアブノーマリティの気分値は上がるかもしれないし、運が悪ければその職員は殺されてしまうかもしれません。いや、もっと運が悪かったら、アブノーマリティが部屋を脱走してしまうかも。

ある程度付き合っていれば「観測」ができるようになり、ようやくそのアブノーマリティの情報が少しずつ判っていく訳です。

要は、死に覚えゲー

5日毎にチェックポイントが更新され、全滅するとまたそこから再開となります。

個人的には20日目以降がキツいですね。
ボタンには痛い目を見せられました(-。-;
全滅余裕でしたね。

でも、なんか23日目突入時にバグるorフリーズしてそれ以降進めないんですよ。たま〜にいけるんですけど。
まだアーリーアクセス、つまりベータ版のようなものなので、仕方ありませんね。

現在のアブノーマリティの種類は60ちょっと、作者さん達曰く、最終的には100種類を目指しているそうですので、とても楽しみ。

Steamで$19.99。アーリーアクセスにしてはやや高めですが、たまにセールもしていますし、なにより面白いので、みんな買ってみてね!