とらきす の ぐだログ

とらきすのぐだログ

ぐだぐだとなんかするブログ。フォントなり、DTMなり、とりあえずぐだります。

ほとばしる物欲をアウトプットする記事

欲しいモノを片っ端から書き連ねていく謎のコーナー、はじまるよ!


Cubase
言わずと知れた超有名DAW
個人的には、DAW本体よりも、バンドルされているエフェクトや音源目当て。
Elementsの体験版は使ってみたけど、どうにも馴染まなかった。SONARに慣れてしまったが最後、他の環境に移行するのが困難になるというのは…メリットととるべきか、デメリットととるべきか。
でも、仮にもZUN音源研究やってる身としては、Cubase付属のエフェクトが使えるというのはとても重要な事なのです。
それでなくとも、Cubaseのエフェクトはバラエティに富んでいる上、変に凝っていないから使いやすい。こういうストイックな感じのエフェクト、そうそうありません。
AIR Music TechのCreative FX Collection Plusなんかも近い感じですが、こっちはクセの強いプリセットばかりですし。Soundtoysも近いですかね。
それにZUN音源的な観点から言えば、PrologueやらGASE4のプリセットやらもある訳で、それだけでも買う価値があると思ったり。
でもDAWがメインなんだって考えると、なんだかもったいないような気がして購入に踏み切れない、チキンな私です。

あー、Steinbergさんが「Prologueの単独販売」とか「GA4へのGASE4プリセット追加」とか「Steinberg Audio FX Suite的なの販売」とかしてくれないかなー(チラッチラッ


SONAR Platinum
私が使用しているSONARの最上位グレード。付属のプラグインが主な違いであるらしい。
というかライフタイムアップデートが欲しい。

んー、月刊SONAR、本当に良いシステムだと思うんですけどね。
ちゃんと理解していない人が「SONARってあの不安定なやつ?」とか「月額とかマジムリwwwプギャアwww」とか言っている…らしいというのを聞いた事があるけど、実際は毎月のバグフィックスによってかなり最適化されていて、レスポンスも決して悪くない。月額とは言っても、12ヶ月分払えば以降は永久に使える訳で。
何よりMIDIの打ち込みは、SONARに慣れたらもうダメなんですよね。他のDAWの操作が煩わしくなってくるんですよ。
もっとSONAR使う人増えないかなぁ…


Groove Agent 3
GA2手に入れたら3も欲しくなっちゃうよね。
まあ正直、必要かと言われればそんな事は全然全くない訳で、優先順位はだいぶ低いです。
私の持ってるGA2が、やはり古いせいか すっごい不安定で、jBridgeを通さないと動作すらしない上、音色を切り替えてると突如クラッシュする事案も多発しております。
それでなくとも、ロードに失敗でもしたのか、一部の音色が無音になる事もしばしば。
安定性欲しい→GA3っしょ、とかいうとても安直な思考です。


Virtual Guitarist 2
VG, VGEEてにいれt(ry
まあ正直、必要かといわr(ry
でも、VG, VGEEのボーナストラック機能…16chから自由にサンプルを貼っていけるやつですね。これが地味に難しくて面倒なのです。
VG2の場合、GUIから直接弄る事が可能なので、使いこなせたらメチャクチャ便利そう。


Electri6ity
いま私のPCにはエレキギター音源がありません。
いや、VGはありますけど、あれはバッキングですし。
最近のZUN曲はコレの使用率がとても高いので、いずれ買わなきゃと思っている、のですが…

いかんせん、PCの残容量が足りないのです。
使用しているPCのSSDが512GB、そこにSONARだのTrilianだのTG3だのGA4だの諸々を詰め込んでいる訳で、今となっては残すところ10GBちょい。
しかも、PCの都合上、増設できるのはSSDのみ。しかも、SSDの中でもとりわけ高価なM.2規格のSSDでなければならないのです。
ほら、これもまたPC環境に振り回されている系の奴です。
買う前にちゃんとリサーチしとけって話だわな。


USBキーボード
DTMer必携とか言われてるアレ。
いろいろと調べてみてはいるものの、耳コピがメインとなっている今の制作環境には必要ないという結論が、決断直前になって脳内に舞い降りてくるのです。悪霊退散!(どっちだ
でも、神主自身もキーボードを気ままに弾いてみて気に入ったフレーズがあったらそこから組み上げていくという制作方式な訳で。これ買えば、東方風というワンランク上へアセンションできるんじゃないかと画策しているのですが…


オーディオインターフェース
これはマジで欲しい。
現在使用しているAIFがEDIROLUA-1EXなのですが、15年以上前の機器という事もあり、そろそろガタがきています。
96kHz入力やらデジタル入力をしていると出力ができない(逆もまた然り)という、USB1.0特有の帯域幅問題がありまして、やむなくアナログ入力でSD-80の音を録音しているのですが、やっぱり多少なりともノイズが含まれてしまうものです。
とりあえず、デジタル入力中でも出力できて、24bit/41kHz対応してて、後は安定してさえいれば、もう何でもいい。


ええグラボ + Razer Core
いやもうね、早いとこiGPU卒業したいんですよ。
この前、PUBGが面白そうだぞという事で購入してみたものの、重すぎて遊べないという事態が発生。
友人のmsiのノートPC、GTX950Mが入ってるのですが、ベンチマークでは私(Iris Pro 580)のが上回っているはずなのに、友人の場合は割とサクサク動いてるんです。
ベンチマークなんてアテにならんものだと学習致しました。
特に私の場合はNUC6i7KYK使ってるという事もあり、グラボ増設となるとeGPUって事になるので、箱代もかかるんですよ…
悲しい。


ええモニタ
中古の21.5インチ使っているのですが、左下に暗い部分ができてきたのです。
それも、少しずつ広がってきているような気がする。まあ気にならないレベルではあるのですが…

それよりも、Win7特有の59Hz問題がどうにも解決できないんです。
いろいろな方法を幾ら試してみても、59Hzのまま。
マウスカーソルを継続的に動かして見てみるとわかるのですが、1秒おきにカーソルがブレているのです。
多分、59フレーム→60フレームに移行する間の1フレームが落ちているんですね。
まずはWin10に上げないと…と思うのですが、サポート切れるまでは7のままでいたいので、実質2020年までは買い換えられません…