とらきす の ぐだログ

とらきすのぐだログ

ぐだぐだとなんかするブログ。

個人的メモ: 「SCP財団」二次創作のライセンスまとめ

(2018/01/28 ライセンスの「例」がCC BY-NC-SA 3.0になっていたので修正)
(2018/01/26 日本語訳ページの利用について加筆)

"超"収容違反も開催する事だし、多少は需要あるでしょ(適当)

えー、間違ってたらコメントでご指摘願います。ホントに。
不十分な部分もあるかもしれませ…いや、あるね。確実に。多分。

まぁ要約みたいなものですんで…ご勘弁。
イベント参加とかしたい人は本家のライセンスガイドも目を通しておこうね。


警告

「SCP財団」の二次創作は例外なく以下の条件に従う必要があります。

  1. SCP-111、SCP-173、SCP-1926の画像、及びSCP-1926の本文は営利利用できません。これは「金銭傍受が発生する同人活動」においても同様です。
  2. 上記3つを除く全ての「SCP財団」コンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承 3.0(CC BY-SA 3.0)ライセンスの下に提供されます。後述する「継承」により、これは二次創作作品に於いても例外なく適用されます。このライセンスに於いて遵守すべき要素は以下の通りです。
    • BY (表示)
      このコンテンツを利用して作られた派生作品は、このコンテンツの名称とその所在、著作者名を併記しなければなりません。
    • SA (継承)
      このコンテンツを利用して作られた派生作品のライセンスは、このコンテンツのライセンスに準じなければなりません。

これらを要約すると、以下の4つが「SCP財団」二次創作に於いて遵守すべき条件となります。

  • SCP-111、SCP-173、SCP-1926の画像を利用し金銭を受け取る行為をしない
  • SCP-1926の本文を利用し金銭を受け取る行為をしない
  • 親作品の名称、所在、著作者を表示する
  • 作成した作品のライセンスにCC BY-SA 3.0を適用する

SCP-111、SCP-173、SCP-1926について

上記の条件に従うと、例えば「SCP-111、SCP-173の名称及び本文のみを利用する(SCP-1926の場合、名称のみを利用する)」のであれば「営利利用は可能」という事になります。

しかし、なるべく不要なトラブルを避ける為に、金銭傍受が発生する可能性のある二次創作物に於いてはこれら3つのSCPの利用そのものを(その利用範囲に関わらず)自粛する事をお勧めします。


親作品情報の併記について

原則として「SCP財団」のコンテンツは(上記例外を除き)CC BY-SA 3.0ライセンスの下に提供されています。

よって「SCP財団」の二次創作では、「BY(表示)」に基づき以下を表示する必要があります。

  1. SCPナンバー
  2. 該当ページのURL
  3. 著作者名

例を以下に示します。

 "SCP-682" by Kain Pathos Crow
  (http://scp-wiki.wikidot.com/scp-682

これはあくまで一例です。必要な要素さえ満たしていれば書式は問われません。

※注意

「SCP財団」日本支部に於いて翻訳作業が成された他国版「SCP財団」コンテンツの日本語訳を二次創作に利用する場合は、日本支部に於ける「該当ページのURL」と「翻訳者名」を表示する必要があります。

一方で、2017年に行われた「SCP財団」日本支部と非公式日本語訳Wikiの統合に伴い、非公式日本語訳Wikiから日本支部へ転載されたコンテンツを利用する場合は、非公式日本語訳Wikiに於ける「該当ページのURL」を表示する必要があります。
これは「統合以前の日本語訳コンテンツの著作権は全て非公式日本語訳Wikiに帰属する」事に起因するものです。

利用するコンテンツが統合以前に日本語訳されたものであるかどうかは、該当ページの「履歴」より確認する事ができます。
rev.0に非公式日本語訳WikiのURLが貼付されている場合、そのコンテンツは非公式日本語訳Wikiより転載されたものである事を示します。表示するURLにはこれを用います。
また、統合以降に日本語訳された(日本支部にて翻訳作業が行われた)コンテンツの場合、同様の方法で翻訳者名を確認する事ができます。rev.0に表示されるユーザー名がこれに該当します。

なお、非公式日本語訳Wikiでは匿名で翻訳作業が行われていた為、非公式日本語訳Wikiより転載されたコンテンツについて、表示する著作者名は「匿名」としてください。

ただし非公式日本語訳Wikiは現在閉鎖されている為、統合以前の日本語訳コンテンツを利用する場合、「著作権の所在を明確にする」事はできても、その「コンテンツ自体にアクセスする事ができない」という若干の矛盾が発生します。
ライセンス上必要な事ではありませんが、日本支部のURLも「転載先」などとして併記しておくと良いでしょう。


ライセンスについて

「SA(継承)」に基づきこれら「SCP財団」二次創作作品はCC BY-SA 3.0ライセンスの下で提供しなければなりません。
よって「この作品はCC BY-SA 3.0ライセンスの下で提供されている」事を表示する必要があります。

以下に例を示します。


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 3.0 非移植 ライセンスの下に提供されています。


これは、クリエイティブ・コモンズの公式ホームページより発行されるHTMLコードを利用したものです。
これに限らずとも、CC BY-SA 3.0ライセンスが適用されている事が判別できるようであれば書式は問われません。

ちなみに「非移植(Unported)」とは、このライセンスは万国共通の規定の下で策定されたものであるという事を示すものです。
これとは別に各国の法律に合わせて改変された「移植(Ported)」ライセンスも策定されていますが、多くの国に於いてはバージョンが古いままになっています。例えば、現在の日本に於ける移植版CCライセンスの最新バージョンは2.1です。
また、最新のCCライセンスバージョンであるクリエイティブ・コモンズ4.0では移植/非移植版というシステムそのものが廃止され、全て国際版へ統合されました。

これらの事情により、CCライセンスと言えば非移植版を指す事が殆どである為、一般に「非移植」の表記はしなくとも問題になりません。


その他注意すべき事リスト

  • 「金銭傍受の発生する活動」には当然YouTubeやブログ等の広告収入も含まれます。SCP-111、SCP-173、SCP-1926を取り扱う場合は広告収入が発生しないようにしておきましょう。
  • "Tale"はその性質上、基底となるSCPコンテンツや世界観の上に成立します。つまり、"Tale"はあくまで二次創作作品、要するに「非公式」です。"Tale"を二次創作に利用する場合はこの事を念頭に置いておきましょう。
  • SCPに限らず、二次創作は元となる親コンテンツがあってこそ成り立ちます。特にSCPに於いては、親となるコンテンツは無料で公開されているものになります。それを利用した上で(制作費の回収を除く)金銭的な利益を得る事はあまり勧められる行為ではありません。この事を理解した上で有償での販売/頒布を行いましょう。

"SCP-111" by Adam Henderson
http://scp-wiki.wikidot.com/scp-111
"SCP-173" by Moto42
http://scp-wiki.wikidot.com/scp-173
"SCP-682" by Kain Pathos Crow
http://scp-wiki.wikidot.com/scp-682
"SCP-1926" by DrBerggen
http://scp-wiki.wikidot.com/scp-1926

This webpage is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License.